HOME
このコラムは、日頃多くの患者さんに説明する内容や、書いている時期に感じたことなどを独り言として掲載します。
あくまで私の私見ですもし意見やリクエストがありましたら、当院のメールアドレスに連絡ください。

 



2019年5月30日
 おごりを捨てて天狗にならないために
  人は成功するために努力をします。他人から認められたいためにつらいことにも耐えることができます。日々の努力を積み重ねることによってある程度自分の才能の範囲において成功という栄誉にたどり着くことができます。このことは古来より剣術や商売などすべての出来ことに通ずる簡単な理念であり、努力なしで成功を収めた人はいないと思います。
  ですが、一度手に入れた成功を自らのおごりによって手放した人はかなりの確率であるのだと思います。有名なところでは豊臣秀吉がそうであり、織田信長もおごりからくる油断で部下の謀反で殺されたのです。
  どうして人間は成功するとおごりという悪い虫がついてくるのでしょうか。それを考えて努力することによって本物になれると私は考えています。私の場合で
恐縮ですが、ある程度患者さんも増えて来てお陰様で多くの方々から認められるようになってきました。ここで一番怖いものが自分のおごりであると思います。私はおごりという言葉を私から離していくようにしています。私は誰かと競争するのが昔から嫌いで誰かを目標にしたりすることもしません。学会には専門医の点数を取るためには出席しますが、人の発表は聞かないことにしています。今まで他人の講演を聞いてためになったこともないし、学会での自分の地位を高めるなど私の辞書にはありません。ただただ自分の漢方と西洋医学を併用している医師として真実を追求して、少しでも今よりは進化した自分を目指して日々戦っているからです。言ってみればライバルは過去の自分であり、未熟な自分を少しでも進歩させたいと願っているのです。自分は極めて人間的でなまけ心があり、努力もあまり好きではありません。そんな弱さと日々戦う自分におごりなど起こるはずはないのです。毎月漢方の師匠の寺澤先生のところに行く前日に銀座で友人などを連れて飲みに行った際に、ママさんたちに成功している起業家の多くがライバルは自分であると語っている話を聞きました。
  自分の能力の遺伝子は限られたものであり、その範囲での努力しかできません。それは他人と比べられるものではなく自分は自分であるのです。努力した先の真実には永久にたどり着くことはできなくて、昨日の自分よりは少しでも進歩した自分を目指していくしか成功への道はないと私は考えます。ずっとずっと頂点に達することはないので、おごることもなく天狗になって道を転げ落ちることもないのです。こう考えることは簡単ですが、実際には人間のエゴや嫉妬などという厄介な考えと戦うことになるので行動は簡単ではありません。でも多くの超一流となった人はこのことが理解出来ているのだとおもいます。そうでなければ永遠の努力なんで出来るはずもなく、ある程度の中途半端な地位を得たなら満足してしまい、天狗になり努力をしなくなってくるのです。
  政治家の場合は絶対的な目指すべき道がなくて、他の政治家との比較において地位が上がって相対的な力を持ってくるので厄介です。地位が上がってくるとほとんどの政治家が天狗になってきます。公的なお金があたかも自分が稼いだお金であるかの様な錯覚に陥り、自らの権力で何でもことが進むと勘違いしてしまうのです。小泉純一郎が国民から人気があったのは、そこが異なる稀有な政治家であったからではないでしょうか。
  職人は自らの真理を追究するために、起業家はその企業が社会に貢献して末永く存在するために、政治家は自分のためではなく少しでも市民が幸せな暮らしが出来るようにするために、未来永劫おごることなく努力を重ねて欲しいものです。私もそんな精神を持ち合わせた医師になれるように日々欲望という悪魔と戦って頑張っています。


2019年4月29日
 平成最後の独り言
  いよいよ明日には平成最後の日を迎えます。今回は私の平成を振り返って見たいと思います。以前に私は9歳から10年毎に大きな出来事があると述べたことがあります。9歳で斜視の手術をして以来、医学に興味を持つようになって医師を志しました。19歳で土建会社を営んでい父が他界しました。私が医師になることに多大なる希望を持っていました。すでに医学部の2年生であったので少しは父に親孝行が出来たのかもしれませんが、母の弟つまり私の叔父が下手家に養子に来て会社を継ぎました。最初は父の遺産などもあって地盤もしっかりしていたので好調な経営でしたが、叔父が離婚して連れ子を2人連れた新しい妻と結婚したあたりから経営が傾いて来て、私が29歳の大学院時代に倒産して叔父たち家族は大阪に夜逃げをして、私の母が一人故郷の美郷町に残されて私と二人で残務整理を行いました。二人とも保証人にされていたので大変なストレスを抱えることになりました。
  昭和の最後の歳に家内と知り合い、すぐにこの人だと感じて1か月でプロポーズして平成元年に結婚しました。私が29歳の時です。お金がなかったので結納もわずかしか払えず、家内は洋服ダンスと整理ダンスだけをもって嫁に来てくれました。式は2人だけでハワイの安いツアーで行って、そのお金を帰ってからアルバイトを沢山やってカードで捻出したのを覚えています。私の西洋医学の師匠である小林祥泰先生ご夫妻のご媒酌で手作りの披露宴を行って、支払いはお祝いのお金で全てまかなえたので私には経営の才覚があるのではないかと感じました。実家の会社が黒字倒産で放漫経営による資金繰りを誤ったものであったので、それ以来バランスシートやキャッシュフローを徹底的に勉強しました。平成元年に津和野町の厚生連日原共存病院に赴任して、2年に病院長になりました。そこで経営のいろはを勉強して病院を立て直すことに成功しました。
   平成9年37歳の時に、私の大学院時代の上司であった藤原先生が寿生病院の院長をしておられて膵臓癌で逝去されたために、代わりに医局の人事で院長に赴任しました。わずか2年半でしたが、そこで介護保険制度が始まる時であったために、高齢者介護の最前線の病院で漢方薬を患者さんに投与して、多くの患者さんの免疫力がアップして感染症になりにくくなって薬代が200床の病院で年間4500万円が節約できたデータを仲間の医師と共に出して、漢方薬の使用が医療費の節減に寄与できることを証明しました。このデータは現在でも、漢方薬の薬価削除を企む財務省に毎年のように東洋学会から提出されています。
  平成11年39歳で現在の斐川中央クリニックを開業しました。最初は地域に根差したクリニックで多くの周辺の患者さんに来院してもらっていて、看取りも沢山行って地域医療の醍醐味を経験しました。
  平成21年49歳で若いころ行っていた剣道を再開して、寒い1月の初日の稽古でアキレス腱を切って手術を行って、車いすと松葉杖で外来を行いました。大好きなゴルフも出来なくなって剣道もあきらめました。平成22年から東洋医学の師匠である寺澤捷年先生の外来見学に月に一度行くようになってから、さらに漢方薬の勉強に没頭していきました。最近ではお陰様で県外から来院されて患者さんが55%にもなって来て、全国から来てもらえるようなクリニックになってきました。そこで、10年毎に大きな出来事がある満で59歳の今年に何があるのかと恐れていました。
  今年の4月に私の患者さんである丸山たつやさんが県知事選挙に出馬するというのです。4年位前に総務省から島根県に部長として出向している時に、奥様と共に来院されるようになり、東京に帰られたのちも真面目に通院しておられました。島根県の大半の県議が団結して推薦していて竹下衆議院議員の了解も取っているとのことであったので、王道で気楽に応援すれば良いと考えていました。しかし何と大御所の元参議院議員が反対していて竹下さんもそれに従って別の大庭候補を自民党が推薦するというのです。竹下登元総理夫人は家内の実家からお父様が分家されていて結構濃い親戚となるので毎年竹下事務所に地元と合わせて120万円政治献金していました。竹下の秘書から電話があって今後もお願いしますとのことでしたが、ものの道理が通らないと言ってお断りしました。秘書に私は丸山を応援してささやかな抵抗をさせてもらうと宣言してしまったのです。丸山さんを押している県議のリーダーが力を持っていて大御所が気にくわないというのが真相で、それだけの理由で現役の国会議員や県内の市町村長の大半もそれに従いました。今までの保守王国島根ではここで勝負ありで国会議員の勝ちなのですが、私以外にも改革の魂をもっている仲間がいて、JAと土木業者の大半は丸山さんを応援してくれました。しかし、竹下事務所から電話があった1月の段階では多くの人が丸山さんが勝つのは難しいと考えていたと思います。私が選挙応援をすると言っても患者さんに頼むのは武士道の精神に反していて、この際医師仲間や患者さんに頼むのはやめて、無党派層にターゲットをしぼることにして批判覚悟で丸山さんに同行してテレビ局3局に出ました。選挙期間中にはこのホームページにも応援記事を出してネット選挙も行いました。丸山さんのポスターだけは院内に貼って静かに運動を行いました。色々な友人たちの応援もあって、県議たちとも団結して戦って一人の脱落者もなく選挙戦を戦い抜いて大差で勝つことが出来ました。私の仕事はこれで終わりでただただ選挙に勝った人も負けた人も、島根県がこわれないようにそれぞれが持ち場で一生懸命に活動されることを願うばかりです。負けた国会議員も今まで安泰で自分たちの言うことを何でも聴いていた県民がなぜ反旗を翻したのかよくよく考えて欲しいと思っています。島根県は一部の国会議員のものではありません。もちろん県知事のものでもありません。県民ひとりひとりのものであり、今後も継続して発展させていかなくてはならないのです。その役目が政治家にあり、自分たちのプライドのためにあるものではないのです。国会議員もその秘書も今まで経験したことのない悔しさはよく分かりますが、自分たちが県民一人一人のお陰で存在していることを忘れた時には政治家を辞めてもらわなくてはなりません。よもやこの県民の民意を忘れて選挙中に行った悪意のある行動を行った時には自分たちに跳ね返ってくることを理解して欲しいものです。島根県民は日本で最も所得が低い中でも共働きや多くの工夫を凝らして頑張っています。その民意の声が今回聞こえたのなら、まだ議員としての見込みがあるかもしれません。
   私の59歳の大きな出来事は県知事選挙でした。大変な思いはしましたが、今まで生きてきた中で培った人間力、人を見抜く力、人を動かす力、先見性、人脈、度胸など自分のもっている全ての力を医療に差しさわりのない範囲で出し切りました。もし負けるようなことがあれば5年後くらいに島根から出て東京にいくことも考えました。
でも島根県人は賢い選択をしてくれたので島根に残ることが出来ました。
  島根選出の国会議員を相手に戦った私の平成最後の大仕事でした。この大仕事は島根県にとってはとても意義のある行動であったと今でも信じています。
  次回の大きな出来事は69歳となるのですが、もし生きていたらどんなことが待ち受けているのでしょうか。今から楽しみに待って力をためることにします。


2019年4月6日
 グリーンブックを見ましたか
  先日妻とグリーンブックという映画を見ました。今年度のアカデミー賞映画で素晴らしいものでした。ボヘミアンラプソディーも良かったですが、この映画のほうがより考えさせられるという点では上でした。
  1962年の実際の話で、アメリカ北部でカーネギーホールでピアノを弾く有名な黒人ピアニストが、黒人差別の激しい南部にあえて行って演奏をする物語なのですが、その旅にイタリア系アメリカ人の粗野な人物を運転手兼マネージャーに雇っての珍道中なのです。展開はコミカルの部分とアメリカ南部で未だに強い黒人差別の部分が共存していて、つらい部分もありますが愉快な場面も多々あり、涙をそそるようなことはないのですが、近代化がかなり進んでいる中で南部では黒人がレストランに入ることが出来なかったり、ホテルに泊まれなかったりしていた事実は衝撃的で、今も抱えているアメリカの問題点を垣間見ることが出来ます。黒人でも泊まれる貧相なホテルが載っているのがグリーンブックで、それが映画のタイトルになっています。イタリア系のマネージャーは文字があまり書けないので、妻への手紙は黒人ピアニストが手伝って書いていました。色々な場面を経て最後にクリスマスにマネージャーが家に帰って家族や仲間たちとお祝いするのに、もう眠くて運転が出来なくなって、ピアニストが代わりに運転をしてニューヨークにたどり着いて家族や仲間に会うことが出来ました。広い邸宅に帰ったピアニストは寂しくなってマネージャーの家に行くのです。未だに黒人への偏見が残っていた家族でしたが、妻はピアニストが手紙を手伝っていたことを類推していて、ピアニストに素晴らしいお手紙をありがとうと言うのです。
   アメリカは特別に差別の激しい国なのに世界から色々な人種が集まっていて、多種多様の人間のエネルギーが国力の源になっています。ですから、その人たちを排除することはできないけれども、白人を頂点とした社会が出来上がっていて、そこに難しい問題が多々生じてきます。現在の大統領の様な破天荒な人がリーダーとなるのもそのためです。差別の対象になる黒人、私たちの様な黄色人種やエスパニック系の人種の人間がアメリカで生きていくには、ひたすら努力をして成功して富や名声を得ていくしかないのです。そして、名声を得たとしても黒人であったとしたら、どうしようもない差別の中で本人の努力ではどうにもならないことがあるのも事実です。島国でほぼ単一の民族の日本では考えられない社会問題が現在でも存在するのです。
  日本での現在の差別はいじめという形で存在しています。特に学校での陰に隠れたいじめは大きな問題となっていて子供の自殺が絶えません。周囲の子供たちは自分もいじめられるのが怖くていじめ対象者を助けることが出来ません。職場での上司からのいじめも問題となっていますが、パワハラなどのハラスメントの問題が取り上げられて来てからは少なくはなっていますが、今もって後を絶たないのが事実です。
   人間は他人よりも強くありたいと思うのが本能ですが、それならば弱いものをいじめるのではなくて、自分が勉強をして努力をして自分のエネルギーを高めて、黙っていても一目置かれる人間になればよいのです。人は生まれ持って強い人間と弱い人間がいるのは当たり前で、漢方の思想でも陰陽虚実を使って人間や森羅万象のものを分類して治療を行います。私にとっていろいろなタイプの患者さんが来院されて、その多種多様の訴えに対応していくうちに力がついてくるのです。弱った人を強い人間が救ってあげることに価値があり、人から尊敬されるようになるのです。何のために勉強をするのか。何のために難しい大学を目指すのか。何のためにスポーツで勝ちに行くのか。そのことを考えずに結果のみを追求していく教育や現在の社会の風潮に問題があるのではないでしょうか。
  最後に、それでも日本は良い国なのですよね。大きな人種差別や内紛もなく、みんなが概ね食べるものも十分にあって、医療も誰でも受けることが出来て、私たちは世界の誰よりも恵まれているということを認識しなければいけません。


2019年3月3日
 ルビーのいちごを知っていますか
  先日東京に出張した際に、患者さんとして来院された若い経営者と一緒に食事をしました。そこで診察の帰りに出雲市斐川町にある吉岡製菓の「リビーのいちご」というお菓子を2万円分お土産に買って帰ったというのです。そのルビーのいちごは東京で有名になっていて、Yahooの通信販売でもなかなか手に入りにくいというのです。
  そのルビーのいちごを作ったのはその会社の専務で吉岡洸28歳で、中学生の頃からアトピー性皮膚炎や風邪などでずっと私が診察して、洸と呼び捨てにして可愛がっている若者です。自分がアトピーであったためなのか、ルビーのいちごには卵、や小麦や牛乳は使ってないと記載してあります。あの洸が大変なヒット商品を作ったものだと嬉しく思い、本日は洸の紹介から話を展開して行きたいと思います。
  洸が当院に来院しだしたのは中学2年の頃からです。斐川東中学でテニス部に所属していて、私の長男が島根大学付属中学の1年生でテニスをやっていると診察の時に彼に話したところ、両校の練習試合で息子に声をかけてくれて「何か困ったことがあったら俺に言ってこいよ。力になるから」と言ってくれたのを今でも覚えています。彼はその後出雲工業高校に進学したところを見ると勉強は苦手だったのだと思います。しかし、すぐに息子に声をかけてくれるスピード感を持っていて、私とフレンドリーに話ができる社交性を持ち合わせ、自分に頼って来いという包容力備わっていました。それから当院の職員とも親しくなれていました。義理堅いところがあって、当院が休みの時に風邪をひいて熱が出た時には、よその医院にはいかずに休み明けを待って受診してくれました。
  そんな洸のことを私はとてもかわいく思っていますが、何せ頭が悪そうだし少しヤンキーかかっている感じだし、甘えん坊だし世の中で活躍できるのか少し不安でした。高校卒業後に自分の親が経営する吉岡製菓に入社して、付き合っていた女性とすぐに結婚して子供も早く授かっていました。
  その後のことは最近聞いた話なのですが、自分が失敗を重ねながら最高のお菓子を目指してルビーのいちごを作って、いちごが足りなくなったら、四国のいちご農家に飛び込みで乗り込んで気に入ってもらって多くの良質のいちごを確保したようです。また、Yahooのネット販売に出店して成功すると、東京の高島屋や三越などの百貨店の食品担当の人と交渉をして、スポットで販売できるまでになり、やがては店舗スペースを確保してルビーのいちごなどを売る展開に持ち込めそうだとのことです。来る3月19日から1週間新宿高島屋でスポットで販売をするようです。
  もう一人出雲に前途有望な若者がいます。コクヨーというシジミのパック販売やシジミ製品、干しいも(ダイエット食品)を製造販売している会社の専務で原嘉緒君です。彼も二代目で父親が始めてやや傾きかけた会社をアイデアと行動力で見事に立ち直らせた人物です。吉岡洸のことを随分と可愛がっているようで、お互いに通ずるものがあるのだとおもいます。ここの会社の食品はよくもらうので、自宅にもって帰ったり職員みんなで頂いたりしていますが、大変健康的でダイエットにも適した食品です。
  吉岡洸や最近私が付き合っている若手の経営者の特徴を見てみると、彼らはまず良い光る眼をもっていてスピード感があります。。さらに社交性と話術を学生時代に何らかの形でみに着けていて、義理堅く嘘をつきません。また、人を学歴や家柄などの固定観念で評価せずに、その人のありのままの人間性を見て仕事をしている感じがします。まず、大学はどこを出ていますかなどのくだらない質問はしない。質問があるのは常に未来志向の話ばかりで、今年還暦を迎える私にはとても心地の良いひと時なのであります。
  学歴などというものは自分の過去の歴史であって役に立たず、、その後どのような苦労を重ねていって、その苦労の中からどのようにして脱出したのかが大切です。自分のやっている仕事が人々の笑顔を生むことが出来るのかどうかを考えることの出来る人間が成功するのではないかと、私は彼らから学ぶことが出来ました。
  一つだけ彼らに年寄りの私からアドバイスがあるとすれば、困難に立ち向かう時は大きなパワーを生んで成功につながるが、仕事が順調で追い風の時ほど落とし穴があることを忘れないでほしいのです。そのことさえ守っていけば、まだまだ彼らは素晴らしい進化をとげていくことでしょう。
 


2019年1月31日
 ポジティブ、ネガティブのバランス
  戦国武将の中で最もポジティブに生きたのは豊臣秀吉であると思われます。一方で最もネガティブな考え方を持っていたのは徳川家康であったと思われます。秀吉は百姓のせがれから織田信長に引き立てられて、運も味方して天下をとったのでポジティブにふるまわないと出世は難しかったと思われるので、天下統一という時代の要請に生き方がマッチしたのでしょう。家来に領土などの恩賞を与えることによって言うことを聞かせてきたので、晩年まで朝鮮に出兵して失敗してしまったのは自然の摂理なのでしょう。家康は人を信じないネガティブな性格であったために、自分の死後も大名が裏切れないように出来る限りの政策を行っています。これも秀吉が統一した日本を戦乱の世に戻すことのないようにする時代の要望があったのでしょう。
  今の時代はどんな時代なのでしょうか。ポジティブな考えのみで暮らしていくのも少し危険と思われますし、ネガティブな考えのみでは人も寄ってこないし、組織は衰退するばかりなのでしょう。
  ではどうすれば良くて、どうすることを時代は要求しているのでしょうか。この命題はとても難しくて、今の時代はポジティブな考えもネガティブな考えも両方必要とされる時代ではないかと考えます。攻め時は攻めないと時代に遅れをとってしまうし、きちんとガバナンスを守っていくネガティブな思考も大切なのです。
  今こそリーダーの資質が問われる時代はないと考えます。リーダーによってその組織は悪くも良くもなっていくのです。さて、そのリーダーシップはどうやって養っていくのでしょうか。私は31歳と若い時期に公的病院の院長を経験させてもらったお陰で、リーダーとしての判断する場面を多く経験させてもらって、私が下した判断が正しかったのか間違っていたのかは別として緊迫した場面での判断力を身に着けることが出来ました。ここは攻め時守り時をなるべく正確に判断できるように常に考えて暮らしていければ、、どんなに小さな組織で生きていても自然と判断力は身につくものです。また歴史は繰り返しますので、過去の歴史上の人物を研究しても良いかもしれません。
  私がライフワークにしている漢方の考えも攻める漢方と守る漢方があり、それぞれの最適な処方をした時に初めて効果を発揮してくれます。漢方では陰陽という冷えと熱のどにらに患者さんが近いかの判定をして処方していきますが、この判定が極めて難しく長い年月の経験を要します。最近わかったことは、患者さんの長年苦しんできた症状から漢方薬で解放してあげた時には、その人の人生の軸のゆがみをとったかの様な感覚を味わうことがあります。
  漢方の世界だけでなくて、全ての事象において陰陽のバランス、ネガティブとポジティブのバランス感覚を養っていく人が、近代社会での勝利者になるのではないでしょうか。。そのためには特別なことは必要なくて、その人が生きている実社会がよい修行の場となるのではないでしょうか。
 


 

〒699-0624 島根県出雲市斐川町上直江1421-17
TEL 0853-73-8181 FAX 0853-73-8182

斐川中央クリニック|院長の独り言|2018年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2017年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2016年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2015年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2014年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2013年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2012年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2011年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2010年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2009年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2008年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2007年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2006年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2005年