HOME
このコラムは、日頃多くの患者さんに説明する内容や、書いている時期に感じたことなどを独り言として掲載します。
あくまで私の私見ですもし意見やリクエストがありましたら、当院のメールアドレスに連絡ください。

 


2018年7月1日
 栄枯盛衰はなぜ起こる
  栄枯盛衰は世の常で、人は繁栄したり衰退したりを繰り返します。繁栄するにはその人の努力が実ったりとか運がよかったとか周囲の人に恵まれたりとか色々と理由ははっきりするのですが、衰える原因は少なくともその時にははっきりわかりません。まさかあの組織がこんなになるとはと思ったことはあると思います。
  繁栄したいなら先を読んで人に頭を下げてひたすら努力を重ねて行けば結構な確率で成功するものです。学校の成績が悪い良いは関係ありません。むしろ勉強が出来なかった人のほうが会社を興して社長になっている人が多いようにも思います。それは有名大学に入った時点で成功者と考えてそれ以降努力しない人はとても成功者にはなれません。
  では、かなりの会社や組織が成功していても消えてなくなるのはどうしてなのでしょうか。そのことについて語られている本もなければ記述もありません。誰もそんな暗い話を聞きたくないからです。
  100年続いて存在する大会社は何度も何度も社長を交代して、その都度その都度成功した社長の成功体験を改革していき、常にその企業に望まれているコンセプトを新しくしているからではないでしょうか。どんなに出来る経営者であっても長い間トップに君臨して成功体験を繰り返していくうちに、真実が見えなくなっていくのではないでしょうか。だから企業は程よいときにトップを変えて組織を新しくしていくことによって、現在のクライアントが望んでいることを的確にとらえていくのだと思います。
  医療の中で考えてみると、医学は常に進歩していきます。その進歩した薬や診断機器を出来る限り上手に利用することは一般的な進化なのですが、もう一つ患者さんは色々と多くの訴えをしてきて、それに応えることが出来るように常に自分の頭を柔軟に対応していくことが大切に思います。
  例えば薬が効かなかったと患者さんが訴えた時に、いやな顔をせずに自分が未熟であることを認識して、さらに何とかして治してあげることを考えることこそが衰弱を防ぐ因子の一つであるように思います。このことは今私自身が衰退しないために常に考えて診療していることです。結果は私が死ぬときにははっきりすると思います。
 つまり人間は成功に満足しておごった瞬間から衰退が始まってくると認識した方が良いと考えるべきなのです。理屈で左脳では理解しても、感覚として右脳で自分のものにする人はそんなにいないと思います。どうしても成功者はそれは自分ではないと考えがちなのです。
  栄枯盛衰が世の常であることをしっかりと理解して生きていくことはとても大切です。逆に今がどん底の人でも努力を重ねていけば比較的簡単に必ず良いことが待っていることも最後に付け加えておきます。
  


2018年6月1日
 オキシトシンによる多幸感
  五月連休に家内とボスベイビーというアニメ映画を見に行きました。かいつまんで内容を説明すると、世の中に犬を飼う人を増やすためにドックカンパニーという会社が皆から可愛いがられる犬を作って、赤ちゃんを増やすベイビーカンパニーを邪魔するというストーリーです。
  この少子化の中で確かに犬を飼う人は増えてきました。女優たちが番組の中でペットを飼うようになると結婚したくなくなると語っています。この話はジンクスでも何でもなくて、極めて科学的根拠に基づいています。
  皆さんはオキシトシンというホルモンを聞いたことがあるでしょうか。恋人同士が抱き合ったり、犬を抱いたりした時に分泌される多幸感を与えてくれる幸せホルモンです。私の家内は愛犬家で犬を抱いているとに見せるこの上ない幸せな顔を見せてくれます。それは今までの彼女の歴史の中で最上級のものです。
  オキシトシンは医学的には女性の出産や子育てに関連するホルモンです。子育てに手がかかる時には犬を飼う必要もなく、子供を可愛がっていればオキシトシンが分泌されて大変幸せな気持ちになります。やがて子供が旅立ったり子供に相手にされなくなると犬を飼う必要が出てきます。
  オキシトシンのさらなる精神に及ぼす作用は、心が癒されてストレスが緩和される。恐怖が減少する。他者への信頼が増す。社交的となって親密な人間関係をもたらす。など多くのポジティブな作用をもたらしてくれます。
  では、恋人がいたり犬を飼っていたりする人は触れ合ったり抱擁したりすればよいのですが、どちらともいない人はどうすれば良いかというと、家族と楽しく過ごしたり職場の同僚と飲みに行ったりカラオケに行ったりプレゼントを贈ったり、要するに人を楽しませて幸せにしてあげるか、そうしてくれる人に会えばよいのです。
  家族も友達とも楽しく出来ない人は、映画で感動したりアニメの世界で恋したり感動してもよいとのことです。また、エレベーターでドアを皆が出るまで開くドアボタンを押していたりすることなどでもよいとのです。
  自分が幸せになることよりも他の人やペットを幸せにすることを考えた時に、その人にオキシトシンが分泌されて、自分自身に多幸感が生まれてきます。そして他人も自分も幸せになってくるのです。
  現代社会はITでつながっていて極めてスピーデイーに情報が広まって行くし、人間関係もフェースtoフェースでなくなってきました。そのことによってオキシトシンが分泌される機会も少なくなってきました。自分自身が多幸感を味わうために、是非とも自分にメリットがない人にも親切にしてみませんか。そのことで必ずオキシトシンが跳ね返ってきてあなたも幸せになりますよ。
  


2018年4月30日
 これから毎日同じように無心で生きていきたい
  私も来年には還暦を迎える年齢になってきました。還暦は十二支十干の60通りが一回りして新しい人生をもう一度歩むという意味です。
  今まで無我夢中に失敗を恐れずに思い切り背伸びをして走ってきました。そのお陰であらゆる事象が修行の場となって自分の地力をつけることができたような気がします。
  学んだことは勝ち戦の時と負け戦の時の自らの心境の違いです。勝ちたいと思った時には良い結果が出ることはなく、負けを覚悟に無心に頑張った時に良い結果が出たように思います。
  上手くいっている時ほど注意深さが必要であり、逆風の時には自ずとどこからともなくパワーが沸いてきて難局を乗り切ることができました。
  さて、これから人生が一回りしてどのように過ごせばよいのか少し考えてみました。これから新しいことをやり抜く体力は残っていません。自ずと60年間生きてきた人生の延長線上を歩んで行くしか道はなさそうです。
  私はこう考えました。これからもっと成功したいとかもっとお金を儲けたいとかもっと人の役に立ちたいとか、もっともっとの野望はまずは捨てようと思っています。多くの歴史上の人物がさらなる高みを望んで晩節を汚したことはよく知られています。豊臣秀吉、西郷隆盛など名だたる人たちがそうなっています。
  その組織にしがみついて老害と呼ばれるようになってきて、実力者であるが故に注進するものがいなくて本人は大変良い気でいるのです。あなたの傍にもいるのではないでしょうか。私はそんな晩年だけは過ごしたくありません。
  ではどのような気持ちで過ごせば老害と呼ばれなくて済むのか考えてみました。毎日毎日を平凡に同じように過ごして行くのです。雪が解けて春になれば桃の花が咲き、さらに梅の花が咲きアレルギー性鼻炎の患者さんが来院して、、桜が満開になって散っていく。その後藤の花が咲き、チューリップの花で田圃が一杯になるころには精神を病んだ患者さんが訪れ、田植えが終わり梅雨になるころからアトピー性皮膚炎の患者さんが増えてきて、真夏になれば夏バテや脱水で倒れる患者さんで点滴室が一杯になり、秋の気配が近づいてくると健康診断の最終駆け込みが沢山来るようになります。そして10月からインフルエンザの予防注射が始まって、冬が到来すると本格的なインフルエンザの流行が始まってくると同時に、昼間が短くなるが故のうつ状態が増えて来ます。私自身も12月には軽いうつ状態になります。年が明けて雪が沢山降って患者さんが激減します。そこを耐えるとまた春がきます。
  開業して19年以上のように全く同じリズムで過ごしてきました。有難いことに職員もほぼ変わることなく、同じメンバーで約15人の職員の赤ちゃんが誕生しました。
  私はこれからも平凡に毎日毎日同じように「無心」で過ごして行けることが大切だと考えています。そう出来ることによって、私自身が生きていけることのありがたさを噛みしめ、患者さんや職員への感謝の気持ちを強く持つことができるのだと思います。
  


2018年3月31日
 少数意見に耳を傾ける
  最近ではいじめがスマホによる仲間外れや陰口など精神的なダメージを与えるものが多くなってたちが悪くなって来ています。同級生や先生がいじめだとわかっていても見てみぬふりをするケースも見受けられます。
  先日貴乃花が年寄り会でその他の親方99人からつるし上げられていました。そのニュースを見て昔の戦争前の日本を連想したのは私だけでしょうか。貴乃花は自分の弟子が同じ部屋の弟子に暴力をふるったので世間に謝罪をして休場させました。自分が協会に逆らっていたので弟子の監督が不十分であったために反省したのでしょう。しかし、その前の日馬富士事件の協会の対応に不満を持ったので内閣府に告発状を出して、無断でテレビにも出ました。そのことの善悪の決着はついてないまま告発状を取り下げました。それは弟子を守るという意味では間違いはないと思います。
  問題なのは協会に逆らった意見が間違っているのかいないのかを検証する前に一方的に貴乃花が悪いのだと決めつけてみんなで総攻撃をかけたことなのです。確かに日馬富士の事件を協会に報告しなかったりしたのは彼のミスです。でもことの本質はそこではなくて協会の暴力をもみ消そうとした体質にあるのです。今回は自分の弟子が加害者であり被害者でもあるのですが、彼の反省した行動はゴルフクラブで弟子を殴ったり、同じく自分の弟子同士での傷害事件をもみ消そうとした親方よりはずっとたちの良いものです。それをこの時ばかりと1対99で多勢で攻め立てるのは子供のいじめに相当するような場面です。
  日本人は外国から見て礼儀正しく、決められたことは守ると言われていますが、大衆心理が一斉に一方向に突進することがあります。その最も大きな出来事が戦争の前後です。戦争前から戦時中は戦争に異議を唱える思想を持つものを徹底的に非国民扱いをして投獄しました。今度は戦争が終わるとA級戦犯だけが悪いかの如く扱われています。その時の流行の思想に流されて、本質を見抜いて意見を言う力がないのです。財界や政界などで神扱いされる人が出てきて、その人が右といえば右になってくるのです。権力の座に長くついてしまうと多くの日本人は錯覚を起こして自分の意見が 100% 正しいと考えてしまうのです。一人の人間が善悪を決める世界は長く続かないことを歴史が証明しています。
  私の実家の土建会社の倒産の前後でも経験しましたが、いくら社会に貢献していた会社でも倒れてしまうと地域の人々はなぜか一斉に非難を浴びせて、仲間外れにします。私は仕事上患者さんの会社が倒産した際には言ってあげます。「あなたは商売上の取引先には迷惑をかけたかもしてないが、世間の人には何も迷惑をかけていないのだから堂々と生きていきなさい」と
  また私は日々の診療の中でそんなことはあり得ないという言葉だけは使わないようにしています。医学の世界では診断の正確さや治療の有効性は必ず結果として出てきます。人間の体は嘘をつかないのです。もちろん現代の医学では治せないことは沢山あり、診断がつかない症状もあります。その時に一番頼りになるのが患者さんの治った治らないの判断なのです。患者さんの意見が一番正しいのです。この真実を求めていけば例え貴乃花の様な少数意見であっても、それが正しいなら自分の敗北を素直に認めて次の診療に役立てる努力の積み重ねが優秀な医師を育ててくれるように思います。
  あなたの働いている会社や家庭ではどうですか。少数意見でも取り上げて検討してくれますか。あなたは部下に対して意見を聞かずに自分の考えを押し付けていませんか。もし心当たりがあるならば、急に貴乃花の様に強行しては失敗しますが、徐々に組織を変えてみませんか。これから日本は人口減少と労働力不足に陥っていきます。その時には社員が一丸とならなければ乗り切れませんよ。


2018年2月28日
 失敗力から見たオリンピック
  先日、佐藤智恵さんというエッセイ作家と知り合いになりました。東京大学を卒業後NHKに入社してデイレクターをして退社してコロンビア経営大学院でMBAを取得されてコンサルタントとして独立されています。テレビにも時々出演されていて、「ハーバートでいちばん人気の国日本」というPHP新書から出ている本は15万部を売ったベストセラーになっています。
  もう一冊読んで欲しい世界のエリートの「失敗力」という本で、ハーバートやスタンフォード大学院の入試では学力と共に必ず過去にどのような失敗を犯してどうやって克服したかを問う論文が出題されるようです。つまり世界の企業は単なるエリートではなくて、ピンチの際に冷静に力を発揮できる人間を求めています。日本のトヨタを始めとする一流企業もその傾向にあるようです。
  私の短い人生を振り返っても、現在役に立っている感覚は若いころあるいは雇われ院長の時代、開業当初の若気の至りなど多くの失敗から学んだものが一番です。
  東京大学は解答がわかっていることを教えるが、ハーバート大学は解答が出てないことを皆で議論してどうやったら正解に近づくかを教える大学と言われています。もちろん企業はハーバート大学で学んだ人間を好みますが、日本も捨てたものではなくて佐藤智恵さんも述べていますが、外国人から見ると日本人には大変素晴らしいところがあり、日本史においても大切な教材が転がっているとのことなのです。
  人間は必ず失敗をします。その時は成功したと思っていても後の結果で失敗したなと反省することは多々あります。反省して次には失敗しないようにと考える人間は謙虚であり、必ず成功への道が開けてくるものです。自分の失敗を他人に押し付けたり、失敗に気が付かない人には進歩という文字はありません。そんな人はいくら学歴が高くても、地位や名誉があっても徐々にすたれてきます。
ハーバートではそのことにいち早く気が付いて、世界のリーダーを育てていくカリキュラムを組んでいるのです。
  話が変わって冬季オリンピックが終わり、日本勢では多くのメダルを取ることに成功しています。その中で失敗力から立ち上がったアスリートを指摘したいと思います。一人は日本が誇る羽生結弦さんで、言わずと知れた11月に足首の靭帯を損傷して歩くこともできない状態から徐々にリハビリを行って、やっとジャンプが飛べるようになったのが平昌についてからというから驚きです。自分が犯した失敗からけがをして、そこからただひたすらオリンピックで金メダルをとるためにリハビリ、メンタルの維持、イメージトレーニングはみごとという他はありません。さらに演技構成も今自分ができる最大限のジャンプで決して無理をせずに、でも出来ることは全てやる。4年前に金メダルを取るには取りましたが、フリーで転倒もしたりして不完全燃焼なものであったのが、今回は歴史に残る戦いをしたのは見事という他はありません。
  失敗は誰にもあり、そこから勝つためにどのようなメンタルでどのようにスケジュールをこなしていくかは、多くの企業でも参考になる事例です。
  もう一人スピードスケートの小平奈緒さんです。彼女は31歳ですでに選手としてのピークは過ぎています。若いころから期待されても全く結果がついてこないので、単身でオランダに留学して向こうの選手以上の練習をして、さらに大舞台で活躍できるメンタルも身に着けて帰ってきました。ワールドカップで負けなして、本番のオリンピックでも十分に力を発揮することができました。負け続けている時に自分に足りないものは何かを考えて、身体能力とメンタルの弱さであると考えて、そこを補うには本場のオランダに行って一流選手と一緒に練習をした上で自分の力を補う作戦に出たのが功を奏しました。
  世界で活躍する人は必ず良く考えて行動をしているということがよく分かります。我々多くの人間は世界では活躍できませんが、毎日毎日襲ってくるピンチや圧力にどうやったら打ち勝つことができるのか考えて考えて行動する連続において、成功への道が開けてくるのではと考えます。ピンチよ来い、どうやってお前を料理するのか楽しみでたまらないと考えることができた時に初めてその世界の巧みになれるのではないでしょうか。


2018年1月31日
 素敵な神父さん
  新年明けましておめでとうございます。
毎年私は2回だけカトリック教会にいきます。1回はクリスマスイブです。もう一回は1月1日です。
  私の先祖はずっと仏教徒でしたが、妻と結婚する時に妻はカトリックに入信して、子供が生まれて迷いなく幼児洗礼を受けさせることにしました。私はというとカトリックに入信しても良いのですが、毎週日曜日にミサを受けに教会に行かなくては行けないのが大変なので今だに入信を抵抗しています。死ぬまでには入信しても良いかなと思ってはいます。
  キリスト教には大きく分けてカトリックと プロテシタントの2つがあります。プロテシタントは主にアメリカ大陸に広く広まっていて、アメリカ大統領はプロテシタント以外からはなれないと言われています。その教会にいるのが牧師で、恋愛も結婚も許されています。一方でカトリックはヨーロッパを主に広まっていて、最高峰がローマ法王でバチカンというカトリック教会の国に住んでいます。法王を選ぶのに何日もかけて選挙を行います。カトリック教会には神父がいて恋愛も結婚も許されていなくて、教会で暮らしています。神父になるには神学校にいったりして12年かかると言われています。神父になっても恋愛に走れば神父を辞めなくてはいけません。禁欲生活の中で暮らしているからこそ神父は信者から尊敬されて慕われています。最後は東京の整った施設で人生を終える事ができます。
  我が家の二人の子供は小さな頃から毎週日曜日は教会に行って過ごしています。長男はまだキリスト教徒らしくありませんが、長女は敬虔なクリスチャンで東京に住んでいて上智大学内にあるイグナチオ教会に時々行っています。あの将棋のヒフミンが行っている教会です。
  30年くらい前に日本で初めての生体肝移植が島根医大の永末先生によって行われて、数カ月にわたって島根医大は世間の注目するところとなりました。その生体肝移植のドナーの肝臓を切除するスペシャリストとして九州大学から送り込まれたのが松尾先生で、彼はカトリック信者でそのお子様も教会に来ていました。当時の薄田神父さんが松尾先生の長男に神父への道を勧められて、その男の子が無事に神父になって長崎の教会に勤めています。この正月に出雲教会に初の神父としてのミサをしに出雲教会に来てくれました。
 私は彼を見て驚きました。34歳で元々イケメンではあるのですが、何とも言いようのない神々しさ(こうごうしさ)を生まれて初めて感じることが出来たのです。あの日野原重明先生は牧師さんの息子ですが、日野原先生にも感じ得なかった見事なまでの、純粋に世の中を救うために自分は生きている感じを彼は出しているのです。ミサの説教はまだたどたどしいものではありましたが、まさに神様の使者としてこの世に生きているんだなと思って涙が溢れんばかりに出てきました。
 人間はどんなに取り繕っても。どんなに上手な言葉を発しても普段の行いが悪ければ必ず顔や目に現れて来ます。
 逆に、松尾神父さんの様にただ目の前にいるだけで人々に感動を与える人がいるんだなと初めて実感しました。
 人の顔はその人の履歴書で全ての人生が書いてあるのです。私は毎月300人の新しい患者さんに合うのですが、過去に悪さをしていて現在は真面目に働いている人も大体分かるようになってきました。過去は消すことは出来ませんが、現在から未来にかけては自分で変える事ができます。何をするにもどんな人生を歩んで行くにも、顔はとても大切な履歴書なのですから、真剣に生きて行くしかその顔を素敵にする方法はありません。いくら形成手術をしても目の奥の履歴書も変えることは出来ません。
  これからの人生、今までの悪い行いや罪を償うために少しでも多くの善行を積んでいきたいと思っています。。
  今年の正月はこれから生きていく上でとても大切なものを教わったとても良い正月でした。
  今年もよろしくお願いします。


 

〒699-0624 島根県出雲市斐川町上直江1421-17
TEL 0853-73-8181 FAX 0853-73-8182

斐川中央クリニック|院長の独り言|2017年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2016年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2015年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2014年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2013年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2012年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2011年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2010年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2009年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2008年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2007年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2006年

斐川中央クリニック|院長の独り言|2005年